« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

「からっぽ」になれ・・「真空の法則」1

坂村真民先生に「からっぽ」と題した詩があります。

頭を

からっぽにする

胃をからっぽにする

心をからっぽにする

そうすると

はいってくる

すべてのものが

新鮮で

生き生きしている

Intro_pict

__tn_rimg0008

      「真空の法則」を生きる

 詩人は、まさに平易な言葉で宇宙の真実について語る達人です。

 特に真民先生の詩からは沢山の気づきと勇気をもらうことができます。

 ビジネスのアイデアがほしければ、これまでの固定観念を捨てて「からっぽ」になれば、必要なアイデアが自然に「はいってくる」のです。

 健康がほしければ、「病気を治したい」という心を「からっぽ」にすれば、健康な生命の流れが自然に「はいってくる」のです。

 お金がほしければ、財布から不要なレシートやポイント・カードなどを一掃して「からっぽ」になれば、必要な富は必ず自然に「はいってくる」のです。

 悟りがほしければ、心も体もサムシング・グレートに全部おまかせして「からっぽ」にすれば、その偉大なる存在から悟りが回向して自然に「はいってくる」のです。

 このすべてを空っぽにすることで希望を成就させることを「真空の法則」とも呼びます。

 この宇宙には真空を嫌う性質があり、空っぽのところに自然と生命のエネルギーが流れ入ってくるようにできているのです。

 例えば河の流れの一部に真空地帯をつくればたちどころに、水の流れがその空を埋めようとします。

 ちなみにやましたひでこさんによると、「断捨離」とは、ガラクタを「捨てる」とともに必要でないものを「断ち」、執着から「離れる」生き方だそうです。

 この「断捨離」で「部屋」が変わると「心」も変わり、家そのものが「パワー・スポット」になるというのです。

 その意味では自分自身も毎瞬、毎瞬心を空っぽにしてゼロになるとき、何でも創造できる「パワー・スポット」にすることができるのです。

O0600045011293716196

   空のように「からっぽ」になれ・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「より高い次元での統合」は可能か・・井筒俊彦の啓示

井筒俊彦の言う種々の対立を超えた「より高い次元での統合」は如何にしたら可能なのか。

 そのために井筒が行った方法とは、「西洋と東洋の深層における対決」「対話」というものであった。(『意味の深みへ』の「人間存在の現代的状況と東洋哲学」参照)

 井筒によると、「人類文化をある意味で二分する東洋と西洋の文化を、今までよりもっと根源的な形で、より深いレベルで、対決させ、両者の高次の統合の可能性を、あらためて考え直してみることが必要になってくる」と云うのである。

Pic_kankou

 それでは、東洋の深層における「世界像」とは何か。

 この世界像の最も顕著な特徴は、第一に意識と物質とが峻別されることなく、むしろ逆に両者が互いに浸透し合うような流動性を示すこと、次に、そこではいわゆる事物が存在者ではなくて、むしろそれぞれ一つのダイナミックな存在的「出来事」であること。

 結局、全体としての世界は、こういう数限りない存在的「出来事」の相関的、相互依存的、相互浸透的な編目構造の不断に繰り拡げられ、畳みこまれる流動的プロセスとして現われるのでありまして、要するに、それが世界と呼ばれるものの真相である、ということになります。

 一方、西洋における深層にも、現代自然科学の、まったく新しい存在観、存在感覚に裏づけられたまったく新しい「世界像」があり、そこでもまた、物質と意識の本質的峻別は無力化されてしまう。

元来、物質と意識とを矛盾的対立関係におくのは、ニュートン力学のパラダイム、あるいはデカルト的二元論に基く見方でありまして、このような見方をするかぎり、ものの本源的透明性とか、ものとものとの相互浸透などということは考えられません。

しかし、皆様もご承知の通り、現代物理学では、この旧来のパラダイムは既に新しいパラダイムに置き換えられ、デカルト的な物と心の二元論は否定されつつあります。

自然科学のこの新しいパラダイムが、いわゆる「事物」の存在論的構造そのものに意識の積極参加を認め、それによって事物の実体的凝固性を「溶解」し流動化するような性格のものであることが注目されております。

まり、今までいわば固い凝結性において考えられていた物質的世界が、意識の内面からの参与によって、限りなく柔軟で、常に変転する「出来事」の相互連関の複雑微妙な創造的プロセスとして見られるようになってきた、ということであります。

51q07cbbqul__ss500_

1 賢明なる読者は気づかれたように、現代の自然科学的パラダイムに基づくこの西洋的世界像は、伝統的な東洋哲学の世界像に酷似するところがあり、西洋の物理学者の中にもそのことに気づいて華厳や禅などの世界観を積極的に取り入れようとしている人もいる。

 つまり、「東西の文化的ディアローグ(対話)はその深層においては既に始まっている」というのが、井筒の強調したいところなのである。

 こうしてそれぞれ独自の強力な創造性を備えたこれら二つの「文化的枠組み」が、現代という歴史の時点で、ぶつかり合い、対話し合う、そのドラマティックな展開のうちに、井筒は「より高い次元での統合」を見いだそうとするのである。

 その意味では人間関係でもあるように、「ぶつかり合う」ことも決して悪いことではない。

 その衝突から対話が生まれてくるならば、より高次元の視点に立って自分と他者を眺めるという気づきと創造的進化が生まれる可能性も内包しているのである。

 Rimg0163

  衝突から対話へ・・人類はより高次元
  の立場に立とうとしている。
  (ハイデルベルクにて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »