« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

笑いは「大いなる創造力の流れ」に還る最高の方法・・

 「生命の哲学」と云えば、ベルクソンに「笑い」という名著がある。

 この著作でも「大いなる創造力の流れという生命の哲学が中心にある。

 野呂芳男さんも、「笑いの構図」という優れた論文の中でベルクソンの「笑い」について次のように言及している。

ベルクソンによると、人間は自分たちが環境に適応して生きて行くために、近代になっては機械文明さえも作りあげてきたのだが、機械は人間の生のもつ創造的な柔軟性、しなやかさを持っていない。

 そこでベルクソンは、「生の躍動」が人間に与えてくれたしなやかさに対照的なものの例として機械を持ち出す。

 ベルクソンにとって、笑いは「注意深いしなやかさと生きた屈伸生とがあって欲しいそのところに、一種の機械的なこわばりがある点」に生れる。

 「人間のからだの態度、身振り、そして運動は、単なる機械をおもわせる程度に正比例して笑いを誘うものである」。・・

 つまり、ベルクソンにとって「笑い」とは生命のもともと持つ「しなやかさ」「大いなる流れ」に戻すための「矯正作用」なのである。

 「笑い」の中のベルクソンの名言を引用してみよう。

虚栄心の特効薬は笑いであり、
そして本質的に笑うべき欠点は虚栄心である。

引き離れてみたまえ、われ関せずの見物人となって生に臨んでみたまえ。
多くのドラマは喜劇に変ずるであろう。


笑いもあぶく玉を立てる。それは陽気である。
がしかし、それを味わうためにこの泡を採集する哲学者は、
時としてそこに、ほんの少量だが、一抹の苦味を嘗めさせられるであろう。

Bergson

 ベルクソンにとって「笑い」とは、「しなやかなもの、不断に変化するもの、生きているものに対するこわばったもの、出来合いのもの、機械的なもの、注意に対する放心、つまり自由活動に対する自動現象」を矯正するものだったのである。

 一言で言えば、「笑い」には固定化したものをもとの「生命の流れ」に戻す力があるのである。

 私たちは大笑いすることで、生命の源・ソースに還ることができるとともにそこから生命の爆発的な力を引き出すこともできるのだ。 

D0020834_15191670

 「笑い」には宇宙の生命力を引き出す力がある・・ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙は一つで、共鳴している・・ラズロ博士のパラダイムシフト

 ヨーロッパの知の巨人であるアーヴィン・ラズロ博士によると、この宇宙は一つであり、全てが共鳴しているという。

 音楽家でもあるラズロ博士は言う。

 音楽に同調、一貫性、共鳴という三つの調和的属性があるように、この宇宙には宇宙の言語なるものがあり、人間を含むあらゆるものは、一貫性のあるエネルギー場・情報場の中に生きている・・と。

 この宇宙のエネルギー場に私たちの「精神のエネルギー」が同調、共鳴したときに、私たちは宇宙と一体になって、驚くべき能力を発揮することもできるようになる。

 このことを空海は「即身成仏」と呼んだのではないか。

 私たちの肉眼には個々分断して見える物質の世界は、単に表面の世界であり、本当はすべてが一つにつながっていて、丁度、音楽の楽器のように共鳴しているというのである。

 このワンネスの世界をラズロ博士は「全一世界」(ホールワールド)とも呼ぶ。

49f4eb4e6489e43f30c86f5901ee7f1f

 全ては「一」であり、繋がり、共鳴し、共に進化しようとしている。

 従って、私たちはどこにいようとも、いつであろうとも、この「全一世界」に触れて、気づきという最高の宝物を手にすることができる。

 例えば日本の宗教家には、鳥や虫の鳴き声を聞いて悟ったという高僧もいる。

 一休は明け方のカラスの鳴き声で悟り、白隠はコオロギの鳴き声で開眼したと言われている。

 また観世音菩薩の名も、この宇宙が様々な音の響きで共鳴していることを現しているのではないか。

 畢竟、私の住む世界とは、自分の鳴り響かせている楽器の音=「精神のエネルギー」に共振・共鳴している音を引きつけたものだとも言える。

 もし、自分の境遇を変えたかったら、まず自身の響かせている音を変えることである。

 境遇が苛烈であったならば、もっと自分の鳴り響かせている言葉の音を優しく、愛深いものにすればよいのだ。

 ちなみにラズロ博士が最近とみに発信しているメッセージが「ワールド・シフト」である。

私たちに必要なのは新しい考え方です。

アインシュタインが言っていたように、問題が起きたときと同じ思考のままでは、真の問題解決はできない。

もし作り上げてきた世界がもはや通用しなくなってきているのだとしたら、生活と文明のため新たなパラダイムにシフトしなければならない。

今までと同じ考え方のままでは、私たちは向上ではなく、下降に向かって大きく踏み出すことになります。

2e8e43c9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »