« ベルクソンVSアインシュタイン・・時間論を巡って | トップページ | 道は必ず開ける・・ »

「笑い」は本当の自分に還る最高の方法・・

 ダニエル・ピンクの『ハイコンセプト』によると、約2500の「笑いクラブ」が世界各地で定期的に開かれているという。

 それらの多くがインドにあり、およそ100がムンバイに、ハイテク都市バンガロールにはさらに多くのクラブがある。

 イギリス、ドイツ、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク、カナダなど、欧米諸国でも次々と誕生しているし、アメリカ国内には数百のクラブが存在する。

 このようなクラブが最も急激に増えている場所は、職場である。

 このクラブを創案したのは、マダン・カタリアというインド・ムンバイに住む医師である。

 彼は「笑い」が善玉ウイルスと同じような働きをすると信じており、人間、地域、あるいは国家の間にさえ影響を及ぼすと信じている。

 このクラブでは、少人数のグループで毎朝早い時間に公園や村の広場やショッピングセンターなどに集まり、半時間ほど笑って過ごす。

 カタリアの「笑い」が独創的なのは、ジョークなどによる“条件付きの笑い”から“本来の笑い”を取り戻したことにある。

「何かに頼らなければ笑えないのなら、その笑いはあなた自身のものとは言えない。

それは条件つきの笑いなんだ。

だが、『笑いクラブ』における笑いの源は体の外にではなく、内にあるんだ

 彼は「笑いヨガ」というエクササイズで、大人の「条件つき幸福」を子どもの「無条件の喜び」に変えることかできるという。

 私たちは本当は面白いから笑うのではなく、もともと自分の中に内在する歓喜を爆発させる機会を待っているのかもしれない。

 この喜びは快・不快、幸福・不幸といった二元性を超えたものであり、神秘家たちが「至福」と呼んでいるものなのである。

 私たちの源には、驚くべき「歓喜の海」があり、このただ一つの海から宇宙のすべてのものは生まれてきたのではないだろうか。

 実は愛さえもこの「歓喜の海」から生まれてきたのであり、この「ジョイ」をシェアしたい思いが愛になり、さらに天地万物を創造するアイデアになり、宇宙になり、そして私たち生命として花開いているのだ。

Rimg0079

    フランクフルトにて

|

« ベルクソンVSアインシュタイン・・時間論を巡って | トップページ | 道は必ず開ける・・ »

哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143752/66387407

この記事へのトラックバック一覧です: 「笑い」は本当の自分に還る最高の方法・・:

« ベルクソンVSアインシュタイン・・時間論を巡って | トップページ | 道は必ず開ける・・ »