« ベルクソンの時間論・・「ベルクソン哲学の遺言」 | トップページ | 「持続する宇宙」の奪還・・ベルクソンの遺言 »

「大企業を作る方程式」・・ジェームス・スキナー

 ジェームス・スキナーによると、「無限大の天地宇宙にとっては、大きいも小さいもないものだ」という。

 従って、ビジネスを構築していく上でも、どんなに大きなことを望んでも遠慮はいらない。

 むしろ、その目的やアイディアが大きければ大きいほど、ビジネスの規模も大きくなってくる。

「大きな夢を見て、大きく望み、大きく希望する。小さい夢や希望と同じように、確実にそれが実現されると考えて良い」というのだ。

Jj3


 なぜなら、普遍の物質は無限にあり、「無限の可能性の場」において思いの振動によって、その物質は制限なくさまざまな形をとるからだ。

 ちなみにジェームスの説く「大企業を作る方程式」は、下記の七つの要素から構成される。

        1. 大きな目標
        2. 大きなアイディア
        3. 大きな人
        4. 大きな資本
        5. 大きな提携先
        6. 大きな流通
        7. 大きな社会貢献

 大きな会社は、大きな目的、大きなアイディアから出る。

 ジェームスの言うように、大勢の人を助けるようなアイディアでスタートして、人の本当のニーズに応えていれば、会社はどの大きさにもなるのだ。

 例えば、これからの時代は、宇宙を相手にしたビジネスや能力開発などが人類のニーズとして出てくるだろう。

 21世紀は、おそらく宇宙大の目的、宇宙大のアイディア、宇宙大の発想、宇宙大の哲学などが想像もつかないビッグ・ビジネスを産んでいくに違いない。

 2004020600000262reuintview000

 宇宙大の発想力が求められてくる 

|

« ベルクソンの時間論・・「ベルクソン哲学の遺言」 | トップページ | 「持続する宇宙」の奪還・・ベルクソンの遺言 »

成功哲学」カテゴリの記事

コメント

「ビッグアイデア」が先と云うわけですね。

投稿: 無限 | 2015年9月10日 (木) 14時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143752/61528375

この記事へのトラックバック一覧です: 「大企業を作る方程式」・・ジェームス・スキナー:

« ベルクソンの時間論・・「ベルクソン哲学の遺言」 | トップページ | 「持続する宇宙」の奪還・・ベルクソンの遺言 »