« 「知覚の拡大」・・全てが輝いて見える | トップページ | 「宇宙の言語」と同調、共鳴する・・ラズロ博士の啓示 »

小林秀雄の哲学へとの提案・・「哲学は一つのシステムでたりる」

 小林秀雄は「私の人生観」という戦後間もなく行った名講演で「哲学は一つのシステムでたりるのではないか」と提案している。

 これは、21世紀、惑星的な知性の出現と真の叡知にあふれた哲学を構築していくにあたって、多くの示唆を与えてくれているのではないだろうか。

 この小林の提案は「知覚の拡大」に伴う「実在」中心主義と呼んでもいいし、イブン・アラビーの「存在一性論」とも相通じるものがある。

 小林秀雄が言うように「全実在は疑いもなく私達の直接経験の世界に与えられている」(「私の人生観」参照)。

「私たちの命は、実在の真っ只中にあって生きている」のだが、そのような「豊富な直接経験の世界に堪える為には、格別な努力が必要」である。

 何故なら、普通私たちは、日常生活の要求に応じて、便宜上、この経験を極度に制限する必要があるからだ。つまり、「見たくないものは見ないし、感じる必要のないものは感じやしない」。 

 つまり、可能的行為の図式が上手に出来上がるという事が、知覚が明瞭化するという事である。

こういう図式の制限から解放されようと、
ひたすら見る為に見ようと努める画家が、何か驚くべきものを見るとしても不思議はあるまい。

彼の努力は、全実在が与えられている本源の経験の回復にあるので、そこで解放される知覚が、常識から判断すれば、一見夢幻の様な姿をとるのも致し方がない。

ベルグソンは、そういう考えから、拡大された知覚は、知覚と呼ぶより寧ろVISIONと呼ぶべきものだと言うのです。


・・小林秀雄「私の人生観」

519gexqwfzl__sl500_aa300_


 小林が言うように、私たち一人ひとりには「全実在」がそれぞれ与えられている。

 ところが、この「本源の経験」なるものが日常生活の便宜性にかまけて、通常は極めて矮小化され、静止化されて体験されている。

 この矮小化という網を一度、捨てて虚心に「実在」に向かうとき、私たちは思わぬ光景を目撃することができる。

 画家は、小林が言うように「見る」という全身心を賭した行為を通して「実在」に到ろうとするのだ。

 従って、優れた芸術家たちは、ベルクソンが哲学者達に望んだように、「唯一の美のシステムの完成に真に協力している」ことになる。

 そのめいめいがその個性を尽くして同じ目的を貫いており、「梅原という画家のVISIONと安井という画家のVISIONは、全く異なるのであるが、互に抵触するという様な事は決してなく、同じ実在を目指す。かような画家のVISIONの力は、見る者に働きかけて、そこに人の和を実際に創り出すのである」。

 ちなみにジャコメッティという画家は森林に入ったとき、木々の方から見られているという不思議な感覚に襲われ、その感覚から脱っするために絵を描いていたという。

 つまり自分という主体から木々という対象に向かうのではなく、木々という「実在」から呼びかけるモノがあるというのだ。

P6979thumb640xauto76


 このような「実在体験」をマズローは「至高体験」とも呼び、マルセルは「現存」とも呼称したが、芸術家だけでなく、私たちにも「全実在」は平等に与えられているのだから、その実相に推参することはできるはずなのだ。

 小林秀雄があれだけサクラに入れ込んだのも、サクラそのもの=「実在」に魅入られた体験があったからに違いない。

Sakura5


 誰にも「全実在」は与えられている・・

|

« 「知覚の拡大」・・全てが輝いて見える | トップページ | 「宇宙の言語」と同調、共鳴する・・ラズロ博士の啓示 »

小林秀雄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143752/61137567

この記事へのトラックバック一覧です: 小林秀雄の哲学へとの提案・・「哲学は一つのシステムでたりる」:

« 「知覚の拡大」・・全てが輝いて見える | トップページ | 「宇宙の言語」と同調、共鳴する・・ラズロ博士の啓示 »