« 「意識と存在の構造モデル」2・・「言語哲学としての真言」 | トップページ | 「意識と存在の構造モデル」4・・イブン・アラビーの「存在一性論」 »

「意識と存在の構造モデル」3・・一度、死んで甦る

 「神秘の夜」は、井筒俊彦の「意識と存在の構造モデル」にあっては、どうしても通らなければならない「無の関門」でもある。

51i35juerwl

 彼の構造モデルにあっては、あらゆる神秘家や哲人は三角形のモデルの頂点を通らなければ、昼という現象を去って、「実在という夜」に推参することはできない。

 「夜の世界」では、昼間の五感を中心とした判断・推測は通用しない。

 むしろ、「昼の世界」の先入観をきれいに流し去って、一度、無になる必要がある。

 そして無になるだけでなく、その世界に超入して「神秘の夜の世界」を実際に旅する必要があるのだ。

 前にも触れたが、井筒俊彦や小林秀雄がドストエフスキーの世界に見ていたのは、この「夜の世界」における魂の復活である。

 一度、死んで甦る必要があるのだ。

 ドストエフスキーは、“癲癇”(てんかん)という切実な持病の体験によって、まさに「神秘の夜」を旅し、その「夜の国」「永遠の秩序」を垣間見ていた。

 ・・その発作が今まさに始まろうとする数秒間、彼はこの世ならぬ光景を覗き見た。

永遠性の直観、「永遠調和」の体験。

それはまさしく黙示録に「その時、もはや時間は無かるべし」と云われている歓喜と恐怖の数秒間だ。

それは来世の永遠性ではなくて、この現世に於ける永遠の生命なのだ。

人生にはある瞬間があって、その瞬間に到来すると時間がはたと停止して、そのまま永遠になるのだ。

これこそ東西の別なく古来、神秘道の修行者達が最高の境地として希求し、それの体得のために一生を賭して努力する「永遠の今」の体験でなくて何だろう。

井筒俊彦『ロシア的人間』第13章「ドストエフスキー」より

51k6nyu8vll

 この「永遠の今」の体験による「新しい人間」の誕生こそが、ドストエフスキーの一貫して追求したテーマであり、「神秘の夜の旅」の目的なのである。

 

Rimg0127

    ハイデルベルクの旅・・

|

« 「意識と存在の構造モデル」2・・「言語哲学としての真言」 | トップページ | 「意識と存在の構造モデル」4・・イブン・アラビーの「存在一性論」 »

哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143752/59882382

この記事へのトラックバック一覧です: 「意識と存在の構造モデル」3・・一度、死んで甦る:

« 「意識と存在の構造モデル」2・・「言語哲学としての真言」 | トップページ | 「意識と存在の構造モデル」4・・イブン・アラビーの「存在一性論」 »