« 死者の語り部としての詩人たち・・リルケ、小林秀雄の至高体験 | トップページ | 桜に取り憑かれた小林秀雄 »

小林秀雄の批評道

 観は、日本の優れた芸術家達の行為のうちを貫道しているのであり、私達は、彼等の表現するところに、それを感得しているという事は疑えぬ。

西行の歌に託された仏教思想を云々すれば、そのうちで観という言葉は、死ぬが、例えば「春風の花を散らすと見る夢はさめても胸の騒ぐなりけり」と歌われて、私達の胸中にも何ものかが騒ぐならば、西行の空観は、私達のうちに生きているわけでしょう。

まるで虚空から花が降って来るような歌だ。・・「私の人生観」

Kobayashigoho


 この西行の悲しみは「生命に溢れている」、と小林は云う。

 小林の批評はひたすら己を空しくして、批評の対照となる作品と共感・共鳴するところに生まれてくる。

 そしてその共感を極めるところ、わが国の芸術家にあっては、芭蕉が「西行の和歌における、宗祇の連歌における、雪舟の絵における、利休の茶における、其貫道する物は一」と言ったのと同じく、一つの道に出ていた。

 畢竟、小林の批評は「批評道」であり、批評を通して無私を得る道でもあったのだ。

 

 2013spr

 

 

|

« 死者の語り部としての詩人たち・・リルケ、小林秀雄の至高体験 | トップページ | 桜に取り憑かれた小林秀雄 »

小林秀雄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143752/59361071

この記事へのトラックバック一覧です: 小林秀雄の批評道:

« 死者の語り部としての詩人たち・・リルケ、小林秀雄の至高体験 | トップページ | 桜に取り憑かれた小林秀雄 »