« 世界を一瞬にして変える方法・・マイナスをプラスにする魔法とは | トップページ | 「黄色の水仙」に学ぶ生き方・・二つの大震災を結ぶ絆 »

2015年2月 2日 (月)

今を味わい楽しむ生き方・・橘曙覧の「独楽吟」

 まさに現代は「変化の時代」ですが、何気ない変化を楽しむ、心のゆとりも必要のように思います。

 その点、橘曙覧という江戸時代末期の歌人の生き方は参考になります。

 彼は、「独楽吟」という歌集で、「たのしみはーーー」という言葉で始まる和歌の連作を52首残しています。

 その和歌を幾つか紹介してみます。

たのしみは妻子むつまじくうちつどひ頭ならべて物をくふ時

 たのしみは朝おきいでゝ昨日まで無りし花咲ける見る時

 たのしみは物識人に稀にあひて古しへ今を語りあふとき 

 たのしみは銭なくなりてわびをるに人の来りて銭くれし時

たのしみは神の御国の民として神の教をふかくおもふとき

       __tn_rimg1007



 

 いかがですか。彼は何気ない日常の生活に幸福を見出す達人とも云えるでしょう。

 橘曙覧のようにいつも当たり前の出来事に心を配り、感謝していれば、日常のあらゆることが「たのしみ」、つまり幸福感に変わります。

 ちなみに作家の新井満さんは『楽しみは 橘曙覧・独楽吟の世界』という本の中で、その和歌を下記のジャンルに分けて掲載するとともに、自分の自由訳をそれぞれに付けています。

      1. 孤独平安を楽しむ
      2. 家族団欒を楽しむ
      3. 食を楽しむ
      4. 貧乏生活を楽しむ
      5. 読書を楽しむ
      6. 書画と歌を楽しむ
      7. 買物を楽しむ
      8. 友との交流を楽しむ
      9. 日本国に生まれたことを楽しむ
      10. ささやかな変化を楽しむ
      11. 野山歩きを楽しむ

 この11のジャンルなどをいつも心の中に置いておいて、毎日の生活を送ると、より「楽しみ」が増えてくるのではないでしょうか。

 この橘曙覧のお金はなくても幸せになれる生き方には、現在の困難を乗り越えるヒントがあるように思えてなりません。

 そこで最後に私も一首。

   たのしみは 午後の茶店にて 書をひらき 
   コーヒーとともに 読み進む時

 

   たのしみは 友と語らう 昼下がり 
   お腹かかえて 笑う一時

 

   たのしみは 天才達の 作品を
   友と語らい 褒め称える時 

   たのしみは 妻と旅する 船路にて
   海の鳥たち 眺め愛でる時

__tn_rimg0041

« 世界を一瞬にして変える方法・・マイナスをプラスにする魔法とは | トップページ | 「黄色の水仙」に学ぶ生き方・・二つの大震災を結ぶ絆 »

一級幸福士」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今を味わい楽しむ生き方・・橘曙覧の「独楽吟」:

« 世界を一瞬にして変える方法・・マイナスをプラスにする魔法とは | トップページ | 「黄色の水仙」に学ぶ生き方・・二つの大震災を結ぶ絆 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ