« 「精神のエネルギー」について・・6 | トップページ | 「精神のエネルギー」について・・8 »

「精神のエネルギー」について・・7

 村上和雄・筑波大学名誉教授が最近、注目されているのが、「祈り」という鍵であり、特に「感謝の祈り」には私達人間の無限の可能性の「スイッチ」を「オン」にする力があるそうである。

 とりわけ米国においては、この「祈り」「精神のエネルギー」を活発にして、時空を超えて治病にも役立つことが実証されつつあるという。

 下記のように村上和雄・筑波大学名誉教授のパラダイム・シフト=「ワールド・シフト」は「スイッチ・オン」ということであるが、これは何も遺伝子の世界だけに限定する必要はないだろう。

 「祈り」によって私たちの魂にもともとある「直観」という認識方法に「スイッチ・オン」する・・

 「祈り」によって「サムシング・グレート」からのメッセージに「スイッチ・オン」する・・

 「祈り」によって古代から培ってきた「叡知」に「スイッチ・オン」する・・

 「祈り」によって「なでしこジャパン」のように「あきらめない心」に「スイッチ・オン」する・・

  このように「祈り」は、「無限の宝庫」を開く鍵でもあるようだ。

 ちなみに村上教授をモデルにした映画「祈り--サムシンググレートとの対話」がこのほど完成した。興味のある方は白鳥哲監督のサイト「世界は祈りで一つになる」という本も参照してみてください。

「祈りーーサムシンググレートとの対話」予告編

 Wsmurakamikazuo

|

« 「精神のエネルギー」について・・6 | トップページ | 「精神のエネルギー」について・・8 »

ベルクソン」カテゴリの記事

哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143752/45279931

この記事へのトラックバック一覧です: 「精神のエネルギー」について・・7:

« 「精神のエネルギー」について・・6 | トップページ | 「精神のエネルギー」について・・8 »