« 「生命論パラダイム」の時代へ・・11 | トップページ | 「批評とは人をほめる特殊の技術だ」・・小林秀雄 »

限度を越えて疑うものは信ずるに到る・・小林秀雄

極度に明敏な人は夢想するに到る。

限度を越えて疑うものは信ずるに到る。

・・小林秀雄「モオツァルト」

 小林秀雄とは、この文にあるように限度を越えて疑った人である。

 近代的なあらゆる限度を越えて考えた人である。

 近代的なものに土足でツカツカと上がり込み、その虚飾を悉く否定してみせて、本物を引き出すことに成功した人である。

小林秀雄全集(第13卷) 小林秀雄全集(第13卷)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

  

|

« 「生命論パラダイム」の時代へ・・11 | トップページ | 「批評とは人をほめる特殊の技術だ」・・小林秀雄 »

小林秀雄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143752/44426357

この記事へのトラックバック一覧です: 限度を越えて疑うものは信ずるに到る・・小林秀雄:

« 「生命論パラダイム」の時代へ・・11 | トップページ | 「批評とは人をほめる特殊の技術だ」・・小林秀雄 »