« ユーモアの哲学・・3 | トップページ | ユーモアの哲学・・4 »

小林秀雄の「お月見」

 小林秀雄に「お月見」という短いエッセーがある。

 ある人が京都の嵯峨で月見の宴をしたところ、たまたまスイスから来た客人が幾人かおり、その一座の雰囲気がどうしても理解出来なかったという。

そのうちの一人が、今夜の月には何か異変があるのか・・と茫然と月を眺めている隣の日本人に、怪訝な顔つきで質問したという。

 この日本人同士でなければ、容易に通じ難い、自然の感じ方のニュアンスは、在来の日本の文化の姿に、注意すればどこにでも感じられる。

・・意識的なものの考え方が変っても、意識出来ぬものの感じ方は容易には変らない。

いってしまえば簡単な事のようだが、年齢を重ねてみて、私には、やっとその事が合点出来たように思う。

 普段、私たちも意識していない「自然の感じ方」がふと顔を出すことがあるものである。 

 特にこれから春が来て桜の咲く今からの季節は、どこか落ちつきがなく、古代の日本人とも心が通じることがあるのではないか。

 意識的なものの考え方が変っても、意識出来ぬものの感じ方は容易には変らない・・これは蓋し、名言である。

2_1

真贋 Book 真贋

著者:小林 秀雄
販売元:世界文化社
Amazon.co.jpで詳細

|

« ユーモアの哲学・・3 | トップページ | ユーモアの哲学・・4 »

小林秀雄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143752/44564371

この記事へのトラックバック一覧です: 小林秀雄の「お月見」:

« ユーモアの哲学・・3 | トップページ | ユーモアの哲学・・4 »