« 光り輝く船になって・・再掲 | トップページ | ベルクソンの心霊研究について »

「神秘の夜の旅」・・7

「神秘の夜の旅」に登場する越知保夫をはじめ、小林秀雄、井筒俊彦、マルセル、リルケ、ドストエフスキーなどに共通するのは、霊性という目に見えない存在を信じていたことだろう。

 彼らは信じていただけでなく、その臨在をまざまざと感じていた。

 若松さんの霊性にあふれた言葉を引用してみよう。

詩人は自身を語る前に、託されたことを語らなくてはならない。

むしろ、何ものかに言葉を「委託」されたとき、その人は詩人になる。

詩人の努力は、言葉を探すところにだけあるのではない。

彼に「委託」する、主体からの「呼びかけ」を待つことである。

「過去の日の大浪」が意味するのは死者である。

読み進めれば、示唆というにはあまりに直接的な経験が、リルケにあったことがわかるだろう。「神秘の夜の旅」135~136頁

 リルケだけではない。小林秀雄にも、井筒俊彦にも、マルセルにも死者から「委託」された「直接的な経験」があったのである。

 小林秀雄の批評に至っては、彼が天才たちとの霊と直接会話しながら書いたのではないか、と思われる表現が随所に見られる。

 その意味では、彼の批評とは死者を呼び出し、彼らと対話する「祈り」でもあったのではないか。

 彼はひたすら無私になって、天才たちからの「呼びかけ」を待っているのである。

 若松さんの引用しているリルケの詩を紹介しよう。

風に似てふきわたりくる声を聴け、

静寂からつくられる絶ゆることないあの音信(おとずれ)を。

あれこそあの若い死者たちから来るおまへの呼びかけだ。

かつておまえがローマやナポリをおとずれたとき、教会堂に立ち入るごとに

かれらの運命はしずかにおまえに話しかけたではないか。

また、さきごろサンタ・マリヤ・フォルモーサ寺院でもそうであったように

死者の碑銘がおごそかにおまえに委託してきたではないか。

Rimg0123

   ハイデルベルクの古城跡にて

|

« 光り輝く船になって・・再掲 | トップページ | ベルクソンの心霊研究について »

光の詩集」カテゴリの記事

哲学」カテゴリの記事

小林秀雄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143752/41510507

この記事へのトラックバック一覧です: 「神秘の夜の旅」・・7:

« 光り輝く船になって・・再掲 | トップページ | ベルクソンの心霊研究について »