« 叡知の哲学・・34 | トップページ | 叡知の哲学・・35 »

2011年7月 8日 (金)

「太陽主義」で道を開く8・・今を味わい楽しむ生き方

 以前、NHKテレビでゴルフの中嶋常幸プロの特集をしていたことがあった。

 中嶋プロは、57歳の今も毎日、人一倍の練習をしておられ、若いゴルファーに負けないだけの飛距離を誇っておられる。

 この中嶋プロ、40歳を超えて、心の支えであったところの父親と母親を亡くし、極度のスランプに陥ったことがある。

 あれだけ優勝していたゴルフが狂いだし、毎回予選落ちする始末。

 何より恐怖心からクラブを持つ手が震えていたというから、極度のスランプである。

 こんな状態が7年ほど続いたある日、中嶋プロはテレビで見た難病と闘う少年の言葉に慄然とする。

 人は生きているだけで素晴らしいのです。

 この言葉に触発された中嶋プロは、過去の栄光は忘れて、今与えられているスランプを徹底して味わいつくそうと決心する。

「スランプを脱出したときに新しい自分が待っていることを信じるのです」

 そう語る中嶋ブロの目には厳しい中にも、大きな山を越えてきた人の優しさを垣間見ることができた。

 それにしても、スランプをも味わいつくし、楽しもうとする中嶋プロの生き方には勇気づけられるものがある。

 私たちの人生の出来事は、必要があるからこそ、私たちにやってくるのだ。

 その出来事にいいも悪いもない、ただあるのは私たちの魂を生長させる糧として一番必要なものが今、ここに与えられているのである。

 だとすれば、中嶋プロのように今与えられているものがスランプだったり、逆境であっても、今をもっと味わい尽くして楽しんでみたらどうであろうか。

「太陽主義」とは、今与えられているものを味わい、そして徹底的に楽しむ生き方でもあるのである。

 Rimg0039

     初島で海を楽しむ・・

 

 

« 叡知の哲学・・34 | トップページ | 叡知の哲学・・35 »

太陽主義」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「太陽主義」で道を開く8・・今を味わい楽しむ生き方:

« 叡知の哲学・・34 | トップページ | 叡知の哲学・・35 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ