« 叡知の哲学・・26 | トップページ | 「お金の科学」・・18 »

2011年6月30日 (木)

「太陽主義」で道を開く4・・本日ただ今誕生

「足なし禅師」と呼ばれた禅僧小沢道雄師の「太陽主義」の生き方には、学ぶべきこと多い。
 
 小沢禅師は戦後、シベリアに抑留されて、強制労働の果てに両足を失う。

 その後、崖っぷちを辿るようにして奇跡的に帰国した小沢師は、絶望の日々の末にあることに気づく。

比べるから苦しむのだ。

比べる元は27年前に生まれたことにある。

27年前に生まれたことを止めて、今日生まれたことにしよう。

両足切断の姿で今日生まれたのだ。

そうだ、本日たったいま誕生したのだ。

足がどんなに痛く、足がなく動けなくとも、痛いまんま、足がないまんま、動けないまんま、生まれてきたのだから、何も言うことなし。

本日ただいま誕生!

 そして小沢禅師は、次の四つを心に決めて58年の生涯を貫いたという。

  • 微笑みを絶やさない
  • 人の話を素直に聞こう
  • 親切にしよう
    絶対に怒らない

 この小沢禅師の生き方は、まさに心に太陽を持って、今を生きることの大切さを教えてくれている。

 過去がどうあれ、現在がどうあれ、「本日ただ今誕生」。

05

« 叡知の哲学・・26 | トップページ | 「お金の科学」・・18 »

太陽主義」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「太陽主義」で道を開く4・・本日ただ今誕生:

« 叡知の哲学・・26 | トップページ | 「お金の科学」・・18 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ