« 逆境で生まれる新文明・・12 | トップページ | 逆境で生まれる新文明・・13 »

いつもいっしょ!・・4

 私たちはいつもいっしょ。

 今、生きている人たちだけでなく、

 過去の先人たちや後世の人たちともいっしょ。


 先人の書かれた書物はそのままでは氷みたいなものであるが、

 私たちの胸中にある「生命の火」で溶かすとき、

 その書物の文字の間から先人の思い、息づかい・・が甦ってくる。

 そして氷を水にしたときに、私たちは先人たちと対話して、

 一つになることができる。

 先人たちだけではない。

 志を持つことで、後世の人たちとも一つになることができる。

 志が大きければ大きいほど、

 未来の人々へのバトンタッチが必要なのである。

 この大いなる志を抱いてあきらめずに精進し続けるとき、

 私たちはその志の「礎」になることはできる。

 後世の人たちに志のバトンを託すことはできる。


 田坂広志さんは、現代はまだ人類の「前史」とも云うべき時代であり、

 本当の人類の輝かしい「本史」はこれから始まる・・と仰っている。

 私たちはいわばこの「本史」を開くための一つの「礎」なのだ。

 この「礎」は一つ欠けても城を築くことはできない。

 だから、私たちは先人たちとも、後世の人たちとも

 いつもいっしょ。

 いつも一つなのである。

 

 もし、我々が、
 この時代を良き時代とするために、
 力を尽くして歩むことができたなら、
 我々は、未来の世代に、
 大切なものを伝えることができる。
 我々の「志」
 それを伝えることができるだろう・・田坂広志さん

Rimg0132

     ハイデルベルクにて

|

« 逆境で生まれる新文明・・12 | トップページ | 逆境で生まれる新文明・・13 »

一級幸福士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143752/39899151

この記事へのトラックバック一覧です: いつもいっしょ!・・4:

« 逆境で生まれる新文明・・12 | トップページ | 逆境で生まれる新文明・・13 »