« いつもいっしょ!・・2 | トップページ | 逆境で生まれる新文明・・11 »

逆境から生まれる新文明・・10

 龍村仁さんによると、かつてアポロ9号の乗組員だったラッセル・シュワイカートは次のように語ったことがあったという。

「私達人類は今、宇宙的誕生(コズミックバース)、宇宙的めざめの時代にさしかかっている」

 これは、「赤ちゃん(人類)は、生まれ出て(宇宙から地球を見て)初めてお母さん(地球)を自分とは別の存在である、と認識し、そこから、母の一方通行の愛に甘えるだけではなく、母に対する感謝の気持ちや愛を育み、責任感を持つようになる」(龍村さん)という意味だそうだ。

 とすれば、現代文明がトインビーの云う様々な挑戦を受けている現在の逆境は、人類が宇宙的に誕生するための「陣痛」であるとも言える。

 この「陣痛」を通して生まれようとしている新文明とは、これまで述べてきたように下記の三つの特徴がある。

 ① 拡大したコミュニティー意識の誕生
 ② 「自然と共生した文明」への進化
 ③ 新しい自己像の萌芽

 これらに関連して言うならば、新しく生まれて来ようとしている文明では、ベルクソンの説いた「精神のエネルギー」や「来世」の問題にもっと注目するようになっていくであろう。

 これから「精神のエネルギー」「精神科学の可能性」「慈悲の文明」「祈りの文明」と題して連載する予定である。

 Gpn2000001444

 

|

« いつもいっしょ!・・2 | トップページ | 逆境で生まれる新文明・・11 »

哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143752/39856648

この記事へのトラックバック一覧です: 逆境から生まれる新文明・・10:

« いつもいっしょ!・・2 | トップページ | 逆境で生まれる新文明・・11 »