« 曼陀羅思想のススメ・・生命の営みを考える | トップページ | 大馬鹿の成功法則・・はじめに »

2007年9月17日 (月)

生物と無生物のあいだ

最近のオススメ本は、『生物と無生物のあいだ』である。

この本の興味深いところは、「生命とは何か」という古典的なテーマに取り組みながらも、その流麗な文章で飽きさせないところだ。

読み進むうちに生命の意外な面が見えてきて、それもその驚くべき営みが体内の中で行われていることを知り、改めて生命のすごさについて考えさせられる。

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891) Book 生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891)

著者:福岡 伸一
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 生命と言えば谷口雅春先生著の『生命の謎』という名著を思い出す。かつて連載で紹介したことがあるので、下記のページもご参照下さい。

    『生命の謎』を読む1 『生命の謎』を読む2

« 曼陀羅思想のススメ・・生命の営みを考える | トップページ | 大馬鹿の成功法則・・はじめに »

哲学」カテゴリの記事

コメント

≪…、「生命とは何か」…≫を、数の言葉(自然数)にもあるらしい。

自然数のエンテレケイアを観る絵本は、「もろはのつるぎ」(有田川町ウエブライブラリー)

≪…演算(函数)の理論…≫を、[離散数学]の
『離散的有理数の組み合わせによる多変数創発関数』の数の言葉の文脈は、3分岐する。
 『全称量化数式』
 『存在量化数式 Ⅰ』
 『存在量化数式 Ⅱ』
 これを、[人]の意識(認知科学的アプローチ)で、4次元までの日常生活(形態空間(ニッチ))において閉じている(計算できる)、各々の数式の方程式の解は、
 『存在量化数式 Ⅰ』と『存在量化数式 Ⅱ』
 であり、『全称量化数式』は、『存在量化数式 Ⅰ』の一形態である。

 これを、数の世界の自然数にあてはめると、『十進法の自然数の基の西洋数学の6つの成果のシェーマ(符号)からの送りモノとして、『自然比矩形』に『HHNI眺望』したい。

 これを、『カタチ』(図形)との繋がりで観ると
[ながしかく][正方形][円]とで四則演算等を含めて、自然数の本性が掴めそうだ。

 ≪… 2=1+1 …≫も [正方形]と[円]の繋がりと、数の言葉⦅自然数⦆との量化で観たい。

 言葉⦅自然数⦆と[点・線・面]の言葉の繋がり(量化)は、[円]と『自然比矩形』に求めたい。

 この[カタチ]の≪…「数の概念」…≫は、どんなに拡大・縮小しても[点・線・面]の数学概念を崩しはしない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生物と無生物のあいだ:

« 曼陀羅思想のススメ・・生命の営みを考える | トップページ | 大馬鹿の成功法則・・はじめに »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ